筑波山登山と帝国ホテルプラザ通常営業の再開

日本百名山の一つであり日本百景にも上げれれている筑波山に登ってきました。

コロナ期間中、ほとんど自宅から出ない生活を送っていたこともあり、お腹周りにお肉が付いた気がします。「パパ、コロコロしてきたね」と娘に突っ込みを入れられ、腕立て伏せだけは7.8年振りに始めていたのですが、やはり鈍った体には山登り、結構しんどかったです。

標高877メートル、そこまで高くないから登りやすいし、自宅からも2時間以内で到着できるので行くことにしました。

しかし、高速を降りて、遠くに頂上が二つに分かれているような大きな山が霞んでみえました。

「まさか、あそこではないだろう」、ナビに従い車を走らせていると、何だかその山に向かっています。

近くに他に目立つ山はなく、どうやらそのまさかと思っていた山が筑波山のようです。

それでも、目的地に設定している市営の駐車場は車で結構山道を上っていくようです。

坂道をかなり上がったところに駐車場はあり、すぐ横には山の斜面があります。すでに日陰はいっぱいで、これから日陰になりそうなところに停めることにしました。リュックを背負い登山口まで向かいます。

お土産屋が並ぶ参道を過ぎると、山を背にした大きな神社が目に飛び込んできました。石段を上ると、コロナの影響もあり、手水舎の柄杓は置いてありません。それでも注ぎ出ているところから、手で水をすくい、いつものように、右手、左手、口、口に水を持っていた右手と洗い清めました。

拝殿をお参りさせていただき、お賽銭を入れ、登山の安全とコロナの収束をお祈りします。コロナの影響と平日ということもあり、境内にも他に人は2.3人いるくらいです。

看板に従い裏手にあるお稲荷さんのところにもご挨拶に行くと、そのさらに奥に登山口を示す看板がありました。まさに山全体が神社になっているのでしょう。

駐車場にあった大きな看板状のマップには御幸ヶ原コース登り90分と表示されていましち。ケーブルカーの駅がある御幸ヶ原までどうやら1時間半で行けるようです。

さて、後から知ったのですが、筑波山は山全体が水郷筑波国定公園に指定された保護エリアで、古くから神聖な神社内として樹木・木竹以外の植物の損壊・植栽、動植物の捕獲・採取等が禁じられてきたそうです。

そのため、登山の途中、目にする木々は樹齢数百年だろうと思われる大木が何本もありました。木の幹の直径が4.5メートルはある巨木です。きっと、鎌倉か室町時代からある大杉なのでしょう。アンティークの品々もそうですが、こうした数百年前の歴史の教科書に出てくるような時代に生まれた巨木が今もその生命を保ち、自分の前に存在してくれることに畏敬の念を禁じ得ません。他にも様々な種類の樹木が生い茂っています。木々の香りが空気中に漂い、子供の頃、クワガタ採りで森の中を歩き回っていた頃が思い出されます。

登山道は石段や木材で補強されており、多くの人たちの尽力で整備されているのを解ります。その山道はネパールのトレッキングコースを思い出されるものでした。急な斜面が続き、汗が吹き出てきます。途中、沢から溢れ出ている水を掬えるところに遭遇。両手に水を溜め顔を洗います。それでは物足りず頭から直接水をかけるとキーンと冷たい水が熱くなった体全体を冷ましてくれます。それまで溢れていた汗も引き体力が戻ってくるのを感じられます。

90分くらいかと舐めてかかっていたのですが、コロコロとお腹に肉が付いた重い体には結構しんどいです。二人分のペットボトルの水5本とお昼ご飯、雨具、着替え、お菓子、など入れていたリュック。それほど重くないと思っていましたが、鈍った脚の筋肉は意外に負担になっているのでしょう。ネパールやアフリカ、タスマニアなどで小さな娘と荷物の両方を持って登山していた若かりし頃に比べ明らかに体力が落ちているのを痛感します。昔はガイドブックに書かれている日程が9日とあれば早いペースで歩き6、7日に短縮する体力があり、友人の荷物も持ちシェルパ族とも呼ばれた私でした。けれど今では山ガールとも呼ばれるような軽快な格好をした女性には抜かれ、杖を持った年配の女性には「大丈夫?まだまだよ。」と声を掛けられえる始末。やはり駅はエスカレーターは辞め、これから毎日階段にしよう。と小さな誓いを立て、登り続けること2時間弱、やっと、コースの終わりに近づきました。

昔、トレッキングを楽しんでいた頃は一日8~9時間は歩いていたのに。今では2時間で限界です。それもスローペースで。情けない。

それでもゆっくり登ったからこそ見える景色もあります。探検部でガツガツ登っていた頃には早く歩くのにだけ、重点をおき、それこそ走るように上り下りしていましたが、今回、何度も休憩したり立ち止まっていたこともあり、木々の緑や樹皮、小さな草花、潤った苔、木漏れ日などをゆっくりと眺める時がありました。そうした中耳を澄ますと、鳥の鳴き声や水の流れの中、森の呼吸が聞こえてくるようでした。

早く登ることや高いところへ登るだけが楽しみでなく、自然の中に身をゆだね、一歩一歩を味わい感じるのも登山の楽しみなのかもしれません。ゆっくり歩くからこそ気付くもの何だか旅や人生とも重なる気がします。10代から30代にかけてはいつも急いでいる人生だった気がします。40代になり、やっと周囲にあるものや人々に気付くようになった気もします。体力が落ちてゆっくり歩むというのもそう考えるといいのかもしれません。

ケーブルカーの駅がある周辺は広々としており、何件かのお店も並んでいます。そこには生ビールの文字が!こんな所で生ビールに出会えるなんて。車で来ていることもあり、乾いた喉を潤したい衝動を堪えます。しかしそれ以上に魅力的な物を発見。「カキ氷!」。こんな山の上でカキ氷を食べれるとはなんて幸せなんだろう。それも良心的な300円!

ブルーハワイとイチゴを頼み、カキ氷で乾杯!子供の頃にお祭りや地元スーパー忠実屋で食べた懐かしい思い出が蘇りました。気温30度のこの日、登山で汗をかいた後のカキ氷は人生で一番うまい!ものでした。

その後、15分ほど歩き男体山にはまずは登り、昼食を取ると、キンキンに冷えたノンアルコールビールが。ちょっと重いなぁと感じ背負っていたお昼ご飯の入った袋に隠しておいてくれたようです。雄大な景色を一望しながらいただきます。有難き一杯。何かの本で読んだのですが、ノンアルコールビールでも普段ビールを飲んでいると、アルコールが入っていないに関わらず、ビールを飲んだ時と同様なリラックス物質が脳には出るそうです。納得です。

その後、女体山の頂上へと向かいました。頂上にある神社にお参りした後、裏側に回ると、雄大な景色が目の前に広がりました。大きな丸い岩が転がり、その上に立つと青空を旅してきた風が体包んでくれます。

手を広げ空に向かい広げると、自然の気が体に注がれるような不思議な感覚になりました。その後岩に寝そべり、体を休めることにしました。頭の中には井上陽水の「少年時代」とボブ・ディランの「風に吹かれて」が流れていました。まだ6月ですが日暮らしが鳴いており、もう8月のような気分。梅雨の合間に一足早い夏を体感した気がします。例年6月はヨーロッパへの仕入れとデパート催事の出張が重なり、こうして休みを取ったことは卒業以来なかった気がします。近くにこんなにも素晴らしいところがあったのだと気づかせてもらえた良き休日でした。

帰りはケーブルカーで下山。神社に御礼を伝え、駐車場に帰ると、もう車は一台も停まっていませんでした。自然から力をもらい、また、日々頑張りましょう!

帝国ホテルプラザも本日、6月20日より通常営業の11時から19時に戻りました。

海外のオークションやディーラー達からもやっと荷物が届くようになりました。まだまだヨーロッパを初め海外には仕入れには行けませんが、仲間たちが送ってきてくれた新入荷の品々をご用意しました。帝国ホテルプラザで皆様のお越しをお待ちしております。

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top